総合 総合 sougou

  • 印刷
かわいがってくれた自治会長を亡くした矢形賢悟さん=17日午前6時23分、神戸市中央区加納町6(撮影・鈴木雅之)
拡大
かわいがってくれた自治会長を亡くした矢形賢悟さん=17日午前6時23分、神戸市中央区加納町6(撮影・鈴木雅之)

 神戸市長田区の山陽電鉄西代駅そばの「喫茶 エス」を両親と営む矢形賢悟さん(57)=同区=は、幼い頃からかわいがってくれた広瀬卓蔵さん=当時(70)=を亡くした。

 広瀬さんは、外国人をホームステイで受け入れたり自治会長をしたり、世話好きな人だった。矢形さんも「広瀬のおっちゃん」と呼んでなついた。「『けん坊、けん坊』と、かわいがってくれた」と振り返る。

 地震の日、難を逃れた矢形さんは、つぶれた自宅の1階で柱の下敷きになった広瀬さんを助けに行った。

 呼びかけると返事があった。手で土を掘り、柱をどかそうとした。だが、積み重なった柱は動かない。必死に助けようとした矢形さんに広瀬さんは言った。

 「もう掘らんでいい。けん坊も子どもがおるんやから、そっち行き。逃げられないのはわかる。もうあかんから」。余震が続き、自分も巻き込まれる可能性があった。広瀬さんの妻に言葉を伝え、その場を離れた。

 矢形さんは当時の情景を思い出しながら少し遠くを見た。「今振り返れば、道具を使って助けることはできたかもしれない。でも、その時は自分も靴を履いていなかったくらい必死で。素手でしか掘ることができなかった」

 矢形さんは、広瀬さんのほかに、もう一人、よく面倒を見てくれた近所の森本勝さん=当時(90)=も亡くした。2人に近況報告をするため、毎年欠かさず東遊園地を訪れる。

 「うちの子どもも大きくなりました。奥さんも子どもさんも、みんな元気ですよ。心配しないでください」(谷口夏乃)

【特集ページ】阪神・淡路大震災

震災27年神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月28日)

  • 28℃
  • 19℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ