総合 総合 sougou

  • 印刷
北村春江さん=芦屋市朝日ケ丘町
拡大
北村春江さん=芦屋市朝日ケ丘町
職員や支持者に出迎えられて初登庁した北村春江・新市長=1991年5月1日、芦屋市精道町、芦屋市役所  
拡大
職員や支持者に出迎えられて初登庁した北村春江・新市長=1991年5月1日、芦屋市精道町、芦屋市役所  
就任後初の議会に臨んだ北村春江・芦屋市長=1991年5月1日、芦屋市会本会議場
拡大
就任後初の議会に臨んだ北村春江・芦屋市長=1991年5月1日、芦屋市会本会議場
退任の日、駆けつけた市民と握手を交わす北村春江さん=2003年6月、芦屋市役所
拡大
退任の日、駆けつけた市民と握手を交わす北村春江さん=2003年6月、芦屋市役所
北村春江さん=2012年6月、芦屋市朝日ケ丘町
拡大
北村春江さん=2012年6月、芦屋市朝日ケ丘町

 全国初の女性市長として兵庫県芦屋市長を3期12年務め、在任中に起きた阪神・淡路大震災の復旧・復興を指揮した北村春江(きたむら・はるえ)さん=芦屋市朝日ケ丘町=が13日午前9時44分、誤嚥性肺炎のため、同県西宮市内の病院で死去した。93歳。京都市出身。昨年5月に脳梗塞で倒れ、体調を崩していた。

 通夜は15日午後6時から、葬儀・告別式は16日午前11時半から、いずれも芦屋市春日町1の3、芦屋マイトリーホールで。喪主は長男篤(あつし)氏。香典は辞退する。

 1928年、京都市左京区生まれ。女学校時代には学徒動員を経験し、52年に立命館大法学部を卒業。56年に同大の女性卒業生で初の司法試験合格を果たし、弁護士となった。

 79年から芦屋市教育委員を務め、教育関係者や市民グループに推されて91年4月の市長選に62歳で立候補。現職に約2千票差をつけて初当選した。後に阪神間で女性市長が多く誕生する先駆けとなった。

 1期目終盤の95年に起きた阪神・淡路大震災では、市内で444人が死亡し、全壊は7739世帯に上った。市内にある自宅も全壊し、市長室の隣室に敷いた段ボールで寝泊まりして救援活動などを指揮した。

 当時は防災協定がない中で国や近隣市に支援を求め、総合防災公園を整備するなど復興や防災に注力。一方、区画整理事業を巡っては住民らの激しい反発で予算案が否決されたほか、助役が収賄容疑で逮捕されるなどして厳しい市政運営を強いられた。

 2003年に市長を退任後は法曹界に復帰し、大阪市内の事務所で法律相談を続けた。震災や司法、男女共同参画社会などをテーマに講演も重ねていた。(村上貴浩)

おくやみ阪神震災27年格差解消ひょうごから
総合の最新
もっと見る
 

天気(5月24日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ