総合 総合 sougou

  • 印刷
地震の破壊力が分かる野島断層。知らない世代に恐ろしさを伝える=2日午後、淡路市小倉、北淡震災記念公園(撮影・吉田敦史)
拡大
地震の破壊力が分かる野島断層。知らない世代に恐ろしさを伝える=2日午後、淡路市小倉、北淡震災記念公園(撮影・吉田敦史)
地震の破壊力が分かる野島断層。知らない世代に恐ろしさを伝える=2日午後、淡路市小倉、北淡震災記念公園(撮影・吉田敦史)
拡大
地震の破壊力が分かる野島断層。知らない世代に恐ろしさを伝える=2日午後、淡路市小倉、北淡震災記念公園(撮影・吉田敦史)
震災発生から10年。「1・17」の灯り文字を大勢の傘の花が取り囲んだ=2005年1月17日午前5時46分、神戸・三宮の東遊園地
拡大
震災発生から10年。「1・17」の灯り文字を大勢の傘の花が取り囲んだ=2005年1月17日午前5時46分、神戸・三宮の東遊園地

 阪神・淡路大震災は3日、1995年1月17日の発生から1万日目となる。地震を引き起こした野島断層を保存する北淡震災記念公園(兵庫県淡路市小倉)には2日、全国から修学旅行などの小中高校生らが訪れ、兵庫を中心に6434人が犠牲になった激震に思いをはせた。

 公園では野島断層のうち、道や生け垣がずれた約140メートルを保存する。地震で東側が約50センチ盛り上がり、南に約1メートルずれた地形を間近で見られる。

 子どもたちは断層を見学し、当時の揺れを再現する体験コーナーにも立ち寄った。修学旅行で初めて来た京都市山科区、百々小学校6年の男児(11)は「実際にこんなことがあって、家がつぶれたんだと思った。いざというときに、自分や家族の命を守りたい」と話した。

 米山正幸総支配人(56)は「新型コロナウイルス禍が少し落ち着き、震災を語る機会が増えたのがうれしい。命の大切さを伝えたい」と決意を新たにした。

 震災では3人が行方不明となり、約4万4千人が負傷。約25万棟の家屋が全半壊した。(上田勇紀)

【特集ページ】阪神・淡路大震災

淡路震災27年
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 60%

  • 31℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ