総合 総合 sougou

  • 印刷
推戴状を掲げる谷川浩司17世永世名人=9日午後、東京都渋谷区、将棋会館
拡大
推戴状を掲げる谷川浩司17世永世名人=9日午後、東京都渋谷区、将棋会館
推戴状を受けた谷川浩司17世永世名人=9日午後、東京都渋谷区、将棋会館
拡大
推戴状を受けた谷川浩司17世永世名人=9日午後、東京都渋谷区、将棋会館

 将棋の永世名人を襲位した谷川浩司17世名人(60)=神戸市=の推戴状授与式が9日、東京都渋谷区の将棋会館であった。谷川17世名人は「対局はもちろん、将棋界の発展に向けても今まで以上に全力を尽くしたい」と決意を語った。

 谷川17世名人は1983年、当時の加藤一二三名人(82)=現九段=を破り、史上最年少の21歳2カ月で名人位を獲得した。97年には名人5期となり、永世名人の有資格者に。称号を名乗るのは原則引退後だが、今年4月に還暦を迎えたことを機に、現役での襲位が決まった。

 授与式では、日本将棋連盟の佐藤康光会長(52)が「聖域ノ保持者」などと記された推戴状を手渡し、弟子の都成竜馬七段(32)が花束を贈った。

 会見では、ヨットによる単独無寄港の太平洋横断を世界最高齢で達成した海洋冒険家堀江謙一さん(83)=兵庫県芦屋市=の業績を例に「一つの位置にとどまったり満足したりせず、常に新しいことにチャレンジし続けていきたい」と表明した。

 また地元・神戸についても「阪神・淡路大震災を経験したことでいっそう愛着が増し、住み続けることで復興を手助けしたい気持ちが湧いた。これからも神戸を本拠地にし続ける」と語った。(井原尚基)

囲碁将棋神戸
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

お知らせ