総合 総合 sougou

  • 印刷
くじ引き。緊張の一瞬=県庁
拡大
くじ引き。緊張の一瞬=県庁
立候補の届け出会場=県庁
拡大
立候補の届け出会場=県庁

■くじ引き 舌戦に号砲

 参院選公示日の22日。午前8時。記者は県庁内(神戸市中央区)に設けられた立候補の届け出会場を訪れた。立候補するためではない(参院選の被選挙権は30歳以上なので、まだできません)。選挙のいろはを取材するためだ。

 街頭演説も、ポスター掲示も全ては届け出が受理されてから。兵庫選挙区では過去最多となる13陣営のスタッフ、中には候補本人が続々と会場に集まってきた。

 8時半。届け出順を決めるくじ引き開始。まずは、くじ引きの順番を決めるためのくじを引く。つまり、くじ引きは2回。へえ。

 1回目を終え、いよいよ本番。さすがに緊張感が漂ってきた。ポスター掲示板の位置もこれで決まる。期待した番号と違ったのか、引いた瞬間に「あっ」と声を上げ、悔しそうな表情を浮かべる人がいた。

 くじ引きにかける思いを聞いてみた。

 「早く届け出を終わらせて、選挙運動を始めたい」とある陣営。事務所がまだかまだかと待ち構えているそうだ。でも、引いた番号は後ろの方。「9時の出陣式に間に合わないかも」と慌てている。

 別の陣営は「後ろの番号だったが、ポスター掲示板の位置はいい」。と、いいますと? 「上段で、大きな政党の近くだから目に留まりやすいはず」

 届け出を済ませると、選挙運動に欠かせない運動員腕章、選挙カーに付ける旗などいわゆる「七つ道具」が手渡される。手にした人たちが会場を飛び出し、わが事務所へと急ぐ。

 一刻も早く、ということだろう。道具を受け取るや会場近くに待たせていた選挙カーへと駆けていく人が-。直後、「おはようございます」。拡声器から声が響いてきた。

 くじ引きに一喜一憂。戦いはすでに始まっていた。(伊藤颯真)=随時掲載します=

【バックナンバー】
センキョって?新人記者×ひょうご参院選【1】七つ道具って何

参院選兵庫22特集選挙
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ