総合 総合 sougou

  • 印刷
里見香奈女流四冠
拡大
里見香奈女流四冠

 日本将棋連盟は28日、女性で初めて棋士編入試験の受験資格を得ていた里見香奈女流四冠(30)=女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花=が試験に挑むと発表した。これまで棋士は男性しかおらず、女流棋界の第一人者が女性初の棋士を目指す。

 将棋のプロは「棋士」と「女流棋士」で制度が異なり、棋士になるには養成機関の奨励会三段リーグを通過するか、編入試験に合格することが条件となっている。現行制度の同試験受験者は今泉健司五段(48)と折田翔吾四段(32)に続いて3人目で、過去2人はいずれも合格している。

 編入試験は、棋士になった時期が新しい四段棋士5人と対戦し、3勝すれば、順位戦に参加しないフリークラスの棋士になる。試験は8月から1カ月に1回行われ、第1局の相手は徳田拳士四段(24)に決まった。棋士試験に合格しても女流棋戦に継続して出場できる。

 里見女流四冠は5月27日の第48期棋王戦予選決勝で古森悠太五段(26)に勝ち、女性で初めてタイトル戦の本戦トーナメントへの進出を決めたのと同時に、棋士編入試験の受験資格を獲得していた。里見女流四冠は同連盟を通じ「全力を尽くしますので、静かに見守っていただけると幸いです」とのコメントを出した。(井原尚基)

囲碁将棋
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ