スポーツ

  • 印刷

 JリーグのYBCルヴァン・カップは3日、ホームアンドアウェー方式で争う準々決勝第2戦4試合を各地で行う。本拠地であったG大阪との初戦を0-0で引き分けた神戸は、敵地の市立吹田スタジアム(大阪府吹田市)に乗り込む。アウェーゴールを奪えば、引き分けでも2年ぶりの4強入りが決まるが、吉田監督は「勝って決める」と強敵撃破に意欲を見せる。

 第1戦はFWポドルスキが中盤に下がってボールをさばき、攻撃に展開する形が機能。守りでも、「前から行け」という指揮官の指示から、元ドイツ代表が出足良くプレスを仕掛け、ボランチ藤田が「スイッチになった」という連動した守備につなげた。

VISSEL ニュース

天気(9月26日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 19℃
  • 0%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

お知らせ