スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 サッカーのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)のJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸加入が決まったことが23日、分かった。同国1部リーグの世界的名門バルセロナ退団を発表し、移籍先に注目が集まっていたが、親会社・楽天の三木谷浩史会長兼社長主導で交渉を進めたとみられる神戸が名手を射止めた。

 イニエスタ選手は華麗なパスサッカーで有名なバルセロナの象徴として、4度の欧州チャンピオンズリーグ優勝など数々のタイトルを獲得した。2010年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会決勝では母国の初優勝に大きく貢献。6月に開幕するW杯ロシア大会の代表にも名を連ねている。

 楽天は17年からバルセロナの「メインパートナー」となり、ユニホームの胸に会社のロゴが入るなど近しい関係にある。現地メディアでは年俸2500万ユーロ(約32億5千万円)の3年契約とも報じられ、同社の資金力で有利に交渉を進めたようだ。

 神戸は昨夏、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ選手(32)も獲得しており、W杯優勝経験者の共演が実現する。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(6月27日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 22℃
  • 60%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

お知らせ