スポーツ

J1リーグ データ

ヴィッセル ニュース
  • 印刷
22日の湘南ベルマーレ戦で水分を補給するタイ出身のティーラトン選手=神戸市兵庫区、ノエビアスタジアム神戸
拡大
22日の湘南ベルマーレ戦で水分を補給するタイ出身のティーラトン選手=神戸市兵庫区、ノエビアスタジアム神戸
Jリーグデビューとなった湘南ベルマーレ戦で頭に水をかけるヴィッセル神戸のイニエスタ選手=22日、神戸市兵庫区、ノエビアスタジアム神戸(撮影・吉田敦史)
拡大
Jリーグデビューとなった湘南ベルマーレ戦で頭に水をかけるヴィッセル神戸のイニエスタ選手=22日、神戸市兵庫区、ノエビアスタジアム神戸(撮影・吉田敦史)

 23日に埼玉県熊谷市で5年ぶりに国内最高を塗り替える41・1度を記録した日本列島。湿気を多く含んだこの国特有の暑さに、サッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸の外国人選手からも悲鳴が上がる。18日に来日した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)が初めて覚えた日本語は「暑い」。2月に南国タイから加入したDFティーラトン選手(28)も「参りました」-。(有島弘記)

 イニエスタ選手がチームに合流した20日、神戸市西区の練習場には強烈な日差しが降り続いた。市内の気温は30度を優に超え、スペインの英雄は休憩を告げる笛が鳴るたびにペットボトルの水を口に流し込んだ。

 「日本は、暑いね」。チームの副将、DF渡部博文選手(31)との最初の会話も気候について。Jリーグデビューに沸いた22日の湘南ベルマーレ戦では、頭に水をかけるイニエスタ選手の姿が何度も見られた。

 東南アジアの出身のティーラトン選手は「夏は余裕で動けると思っていた」というが、日本の湿気が難敵だった。「空気中の水分を吸い込んでいる感じ。こんなに苦しいのか…」。18日に長崎県内であったV・ファーレン長崎戦は午後7時の試合開始時点でも気温は30度を超え、湿度は77%。90分間を走り抜いた後、精根尽き果てたようにピッチにうずくまった。

 猛烈な暑さはまだしばらく続く予報だが、子どもたちが夏休みに入り、Jリーグは書き入れ時を迎えている。J1神戸も28日にあるホームの柏レイソル戦を含め、8月末までに計8試合が予定されている。

 ブラジル出身で日本生活が通算6年目のFWウェリントン選手(30)は「今年は本当に暑い。別の敵とうまく折り合えるか」と神経をとがらせる。チームは対策に乗り出し、試合前などタイミングを見て選手の尿を検査。脱水症状の兆候を認めた場合、個別に水分摂取などを指導している。

VISSEL ニュース

天気(6月14日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ