スポーツ

  • 印刷
一般公開練習で神戸のチームメートと連係を深めるイニエスタ(中央)=撮影・中西大二
拡大
一般公開練習で神戸のチームメートと連係を深めるイニエスタ(中央)=撮影・中西大二

 元スペイン代表MFイニエスタが25日、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)であったJ1神戸の一般公開練習に参加し、紅白戦で“初ゴール”を奪うなど軽快な動きを見せた。練習後の取材対応はなかったが、写真共有アプリ「インスタグラム」を更新し「土曜(28日)の準備をしている」とホーム柏戦出場に意欲を示した。

 得点シーンは前線に上がり、GKのパスを奪って生まれた。ボランチ藤田は「さぼらずにあそこまで来たからこそ」と称賛。イニエスタはピッチ外でもチームに溶け込もうと、藤田が鳥栖に在籍した過去を調べていたといい「俺なんかの経歴を…」と驚いたという。

 タイ代表サイドバック(SB)のティーラトンは、イニエスタのバルセロナ時代の動画などからSBとの連係を研究しているという。「同じ視点でサッカーの話をできるように合わせていきたい」と視線を上に向ける。

 公開練習にはサポーターら約千人が集結。イニエスタは練習後、予定の10分間を超えてサインの求めに応えていた。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(12月13日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 11℃
  • 4℃
  • 20%

  • 12℃
  • 5℃
  • 0%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

お知らせ