スポーツ

  • 印刷

動画一覧へ
大勢の記者に囲まれ、質問に応じるイニエスタ選手=17日午後、神戸市西区(撮影・大森 武)
拡大
大勢の記者に囲まれ、質問に応じるイニエスタ選手=17日午後、神戸市西区(撮影・大森 武)

 J1神戸の元スペイン代表MFイニエスタが17日、神戸市西区のクラブハウスで報道各社の合同インタビューに応じた。チームの現状や期待の若手、神戸生活…。自ら取材時間を延長してまで心の内を語った。

 主な一問一答は次の通り。

 -来日後の手応えは。

 「すごいポジティブ。日本の生活、周りの仲間、リーグに徐々に適応している。自分の最高のバージョンを提供できるように日々成長していきたい」

 -終盤戦に向け、見せたいプレーは。

 「ここ最近の結果を見れば、改善できる点が必ずある。ここ最近は、みんな激しく、強い気持ちで練習に挑んでいる。シーズンの終わりには、できるだけ順位表の高い位置で終われるようにやっていきたい」

 -リージョ新監督がもたらした刺激は何か。

 「リージョ監督を含め新しいスタッフはチームを組織として、そして選手のレベルをさらに上げる目標で来た。練習で実施していることを、試合でも実現できるように打ち込んでいかないといけない」

 -プライベートについて。神戸での一番の楽しみは?

 「ファンのみなさん、街中で会う人たちの歓迎に、個人としても家族としても感謝している。すごく居心地良く生活している。日本に住んでいる期間が、できるだけ素晴らしいものになるよう、結果としていいものを残せればと願っている」

 -神戸のお気に入りの場所は?

 「いくつか、お気に入りのレストランを見つけ、三宮を散歩している。自分の名前の花時計も写メで撮った。本当に神戸は素晴らしい」

 「(質問者に対し)お勧めの場所があるなら教えてほしい。今じゃなくても(笑)」

 -日本の子どもたちが、あなたのプレーを見ている。夢をかなえるためのメッセージを。

 「自分としては、サッカー選手になるために子どもの頃から日々、努力を続けた。そして夢をかなえるための自分の素質に確信を持ち、戦い続けてきた。メッセージというよりも、要はそういうことかな」

 -バルセロナが来年夏、日本を含むアジアツアーを発表した。古巣と対戦することになれば、どんな気持ちになる?

 「もし実現したら、とても素晴らしい時間になる。日本のファンの方々のためにも、バルセロナという素晴らしい選手を持ったチームが来るのはまたとないチャンス」

 -神戸から日本代表に入りそうな選手はいるか。

 「個人名を挙げるのは難しいが、今一緒にプレーしている仲間から代表に行く選手が出てくれば、うちにレベルの高い選手がいる証明になる」

 -神戸のサッカー熱を高めるには何が必要か。

 「ホームスタジアムでプレーした感覚からヴィッセルのサポーターは熱のあるサポーターと感じている。さらに高めるには、親近感を持ってもらうこと、このチーム、スタッフを含め、いい仕事をしていると感じてもらうことが大事。それは、きっとこれからどんどん良くなっていくと確信している」

 -(J1神戸広報)そろそろ時間です。最後の質問です。

 「あと2、3問いいよ」

 -(広報)それでは、あと3問。

 -プロになり、これほど負けた状況はないと思う。率直にどう受け入れているのか。

 「あまり比較するのは好きじゃない。ここのクラブに来る決断をした時、これが楽な挑戦になるとは思っていなかった。個人として負けるのは好きではないが、このような状況では、より自分の責任、モチベーションという意味で、チームに貢献しないといけないという気持ちが強く芽生える。この状況を打開するために、よりよくプレーしていくしかない」

 -神戸には年代別代表のMF郷家やDF藤谷がいる。若い才能は、どのように映るか。

 「印象はすごくポジティブ。タレントがあり、伸びしろもある。大事なのは彼らが自分のサッカーを展開できるように、経験のある選手がサポートしてあげること。彼らはこのチームの現在であり、将来でもある。必ず伸びると確信している」

 -日本サッカーの印象と可能性をどう感じているか。

 「以前から日本のサッカーを見ていて、楽しい選手が多い。よく走り、俊敏な選手がそろっている。(今夏にロシアであった)ワールドカップではベルギーに最後のところで負けてしまったが、そのポテンシャルを世界に証明できていた。日本のサッカーは必ず伸びる道中にある」

VISSEL ニュース

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 4℃
  • 10%

  • 5℃
  • 1℃
  • 50%

  • 9℃
  • 5℃
  • 10%

  • 7℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ