スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 サッカーの明治安田J1リーグ第33節の24日、ヴィッセル神戸は敵地のIAIスタジアム日本平(静岡市)で清水エスパルスと対戦し、3-3で引き分けた。神戸は5シーズン連続の残留を自力で決めたが、終盤に投入されたウェリントンが2枚のイエローカードを受けて退場するなど乱闘騒ぎになり、大荒れの試合だった。

 神戸は前半、イニエスタのアシストを受けた藤田が先制。パスミスから追い付かれた後の後半、古橋、三田がゴールを決めたが、終盤に2点を奪われた。

 柏がC大阪を3-0で破って勝ち点36としたが、残り1試合で16位と4差となり、17位で来季のJ2降格が決まった。9シーズンぶりのJ2となる。

 前節2連覇を決めた川崎はFC東京に2-0で快勝し、2位広島は名古屋に敗れ6連敗。G大阪は長崎を下し、9連勝を飾った。鹿島は仙台、札幌は磐田、湘南は浦和、鳥栖は横浜Mに勝った。

 J2とのプレーオフに回る16位の可能性があるのは名古屋、鳥栖、湘南、磐田、横浜M。川崎以外のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権争いは広島、鹿島、札幌に絞られた。

VISSEL ニュース

天気(2月20日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 20%

  • 11℃
  • 8℃
  • 60%

  • 14℃
  • 8℃
  • 10%

  • 13℃
  • 9℃
  • 30%

お知らせ