スポーツ

  • 印刷
1席30万円のチケット購入者だけが利用できる特別ラウンジのイメージ図(ヴィッセル神戸提供)
拡大
1席30万円のチケット購入者だけが利用できる特別ラウンジのイメージ図(ヴィッセル神戸提供)
神戸のホーム開幕戦を前に、ノエビアスタジアム神戸の正面玄関に登場したイニエスタ(左から2人目)らの巨大壁面=神戸市兵庫区
拡大
神戸のホーム開幕戦を前に、ノエビアスタジアム神戸の正面玄関に登場したイニエスタ(左から2人目)らの巨大壁面=神戸市兵庫区
ノエビアスタジアム神戸の場内に設けられたキャッシュレス決済エリア=神戸市兵庫区御崎町1
拡大
ノエビアスタジアム神戸の場内に設けられたキャッシュレス決済エリア=神戸市兵庫区御崎町1
高額チケットの観戦者向けにつくられたラウンジ。試合前後に利用できる=神戸市兵庫区御崎町1
拡大
高額チケットの観戦者向けにつくられたラウンジ。試合前後に利用できる=神戸市兵庫区御崎町1

 J1神戸は28日、3月2日の鳥栖とのホーム開幕戦を前に本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)の新装エリアを報道陣に公開した。ラウンジ整備など、観戦環境の充実に投じた総工費は約1億円。神戸の森井誠之事業本部長は「先駆者として他クラブの参考にしてもらえるように」と胸を張った。

 多くの注目を集めそうなのが、スタジアムの正面玄関に登場したイニエスタら選手7人の巨大壁面。その下をくぐると、メインスタンドで最上級の「ヴィッセルシート」の購入者向けにつくられたラウンジが広がる。ソファなど120席があり、軽食やソフトドリンクは無料。今後は結婚式の2次会など、試合日以外の利用も検討している。

 グッズ店も屋内2カ所に新設され、キャッシュレス決済に対応するレジを最大18台並べる。ピッチを照らすライトは神戸市の予算でLED(発光ダイオード)化され、選手の入場時などにコンサートのような演出ができるようになった。

 1席30万円の特別チケット購入者のみが使える専用ラウンジや、タッチラインから約6メートルの特別席は急ピッチで工事が進む。開幕戦での利用者は28日時点で2桁に届かないが、海外からの問い合わせもあり、反応は上々という。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(4月23日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 20%

  • 29℃
  • 8℃
  • 10%

  • 27℃
  • 13℃
  • 30%

  • 27℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ