スポーツ

  • 印刷
浦和-神戸 後半、攻め込む神戸・古橋(右)
浦和-神戸 後半、攻め込む神戸・古橋(右)

 明治安田J1リーグ第8節最終日は20日、埼玉スタジアムなどで7試合を行い、リージョ前監督との契約を解除し、吉田監督が就任した神戸は0-1で浦和に完封負けを喫し、3連敗となった。神戸は3勝1分け4敗と黒星が先行し、11位に転落した。

 大崎が芝生に足を滑らせた間にボールを奪われ、カバーに入ったダンクレーが興梠を倒しPK。勢いのなさを象徴するような形で奪われた先制点が、致命傷になった。神戸は開幕戦以来の無得点で3連敗。吉田監督の新体制を飾れなかった。

VISSEL ニュース

天気(5月28日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 20℃
  • 70%

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ