スポーツ

  • 印刷
神戸-大分 前半、ウェリントンが2点目を決める=神戸市兵庫区御崎町1、ノエビアスタジアム神戸(撮影・鈴木雅之)
拡大
神戸-大分 前半、ウェリントンが2点目を決める=神戸市兵庫区御崎町1、ノエビアスタジアム神戸(撮影・鈴木雅之)

 サッカーの明治安田J1リーグ第16節第1日の22日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で大分トリニータと対戦し、2-2で引き分けた。ホーム初陣となった神戸のフィンク新監督は就任後の2連勝を逃した。

 神戸は立ち上がりにビジャが先制ゴールを決めたが、直後に失点。前半26分にウェリントンが勝ち越し点を挙げ、2-1で折り返した。後半は追加点を奪えず、試合終盤に神戸OBの小林に同点ゴールを決められた。

 夫人の第4子出産に立ち会うため、スペインに一時帰国しているイニエスタは、この日までに再来日しなかった。クラブによると、30日にあるホーム名古屋戦に向けて来日の日程を調整中という。

VISSEL ニュース

天気(7月17日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ