スポーツ

  • 印刷
ベスト4進出を懸けた天皇杯に向けて意気込みを語る神戸のフィンク監督=神戸市西区、いぶきの森球技場
拡大
ベスト4進出を懸けた天皇杯に向けて意気込みを語る神戸のフィンク監督=神戸市西区、いぶきの森球技場
天皇杯準々決勝に向けて初タイトル獲得への願望を口にする神戸の古橋=神戸市西区、いぶきの森球技場
拡大
天皇杯準々決勝に向けて初タイトル獲得への願望を口にする神戸の古橋=神戸市西区、いぶきの森球技場

 サッカーの天皇杯全日本選手権第8日の23日、各地で準々決勝4試合があり、J1神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)にJ1大分を迎える。勝てば2大会ぶりのベスト4進出で、初タイトルに一歩近づく神戸。フィンク監督は「歴史をつくる考えでモチベーションを高く臨む」と力が入る。

 神戸はリーグ戦2連敗中で、いずれも試合序盤に先制を許し、計9失点と守備が崩れた。指揮官は「(立ち上がりの失点が)トレンド(流行)になってはいけない。序盤から集中力を高め、熱いサッカーをしたい」と強調した。

 試合前に主力の起用法について明言するフィンク監督だが、今回は違った。右足を痛めているイニエスタについて「出られるのか、出られないのか。今日は言えない」と言及を避け、大分戦に懸ける意気込みを表した。

 「何としてでも(タイトルを)取りたい」。FW古橋も奮い立っている。大分とは今季5度目の対戦で、ここまで1勝2分け1敗と全くの五分。「自信を持ってやれば僕たちの方が上。圧倒できるようにやりたい」と言葉に熱が帯びる。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(2月23日)

  • 13℃
  • 6℃
  • 10%

  • 9℃
  • 5℃
  • 40%

  • 13℃
  • 7℃
  • 10%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ