スポーツ

  • 印刷
神戸-広島 前半、先制され、うなだれる酒井(右から2人目)ら神戸イレブン(撮影・中西幸大)
拡大
神戸-広島 前半、先制され、うなだれる酒井(右から2人目)ら神戸イレブン(撮影・中西幸大)
神戸-広島 前半、シュートを放つ神戸・イニエスタ(左から2人目)=撮影・中西幸大
拡大
神戸-広島 前半、シュートを放つ神戸・イニエスタ(左から2人目)=撮影・中西幸大
神戸-広島 前半、無観客のスタンドに顔パネルが並ぶスタジアム=4日夜、神戸市兵庫区御崎町1、ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西幸大)
拡大
神戸-広島 前半、無観客のスタンドに顔パネルが並ぶスタジアム=4日夜、神戸市兵庫区御崎町1、ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西幸大)
無観客のため空席となったスタジアムでプレーする神戸のイニエスタ(右から2人目)=4日夜、神戸市兵庫区御崎町1、ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西幸大)
拡大
無観客のため空席となったスタジアムでプレーする神戸のイニエスタ(右から2人目)=4日夜、神戸市兵庫区御崎町1、ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西幸大)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う中断明け初戦となった、サッカーの明治安田J1リーグ第2節の4日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でサンフレッチェ広島と対戦し、0-3の完封負けを喫した。神戸の黒星は昨年11月以来、公式戦10試合ぶり。

 3-5-2の布陣で挑んだ神戸は試合序盤から司令塔イニエスタを中心にボールを保持したが、攻め切れない。前半35分、CKから先制を許した。

 後半は開始直後に失点。FW小川を投入して4-3-3にシステム変更するなど追撃に出たが、広島の堅守を突破できず、終盤に決定的な3点目を奪われた。

 選手たちは感染予防のため、事前にPCR検査を受け、陰性を確認。スタンドに観客はおらず、自宅などで声援を送るサポーターらに勝利を届けたかったが、かなわなかった。

VISSEL ニュース

天気(8月11日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ