スポーツ

  • 印刷
神戸-仙台 後半、神戸・小田(右から2人目)がシュートを放つもGKスウォビィク(左端)に阻まれる(撮影・吉田敦史)
神戸-仙台 後半、神戸・小田(右から2人目)がシュートを放つもGKスウォビィク(左端)に阻まれる(撮影・吉田敦史)

 サッカーの明治安田J1リーグ第9節第1日の8日、ヴィッセル神戸はノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でベガルタ仙台と対戦し、1-2で敗れた。神戸は2戦ぶりの黒星。

 チャンスの数とゴールは必ずしも比例しないが、これだけかけ離れると厳しい。神戸はシュート22本を放ちながら終盤の1点止まり。「(0-2で敗れた)G大阪戦もそう。またもどかしさを感じた」とMFイニエスタ。2戦前と同じ課題に直面した主将は、敗戦を告げる笛を聞くと、蒸し暑いピッチでうなだれた。

VISSEL ニュース

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ