スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 サッカー明治安田J1リーグ第17節第1日の19日、ヴィッセル神戸は敵地豊田スタジアム(愛知県豊田市)で名古屋グランパスと対戦し、1-2で逆転負けした。神戸は今季初の連敗を喫し、4勝8分け7敗。

 7試合ぶりの白星を目指した神戸は、今季5ゴールのFWドウグラスが先発に復帰。前半15分、センターライン付近から西が山口に正確なロングパスを通すと、山口は技ありのループシュートでネットを揺らした。だが同40分、名古屋のマテウスのシュートがブロックしようとした大崎の手に当たり、PKに。金崎が沈めて同点とされた。

 後半もホームの名古屋が好機を築き、同10分、ペナルティーエリア内で名古屋の前田が倒されたとしてまたもPKの判定。金崎のシュートはGK前川が触るも決まって勝ち越しを許した。その後、神戸は郷家ら攻撃的な選手を投入したが、中2日でフル出場したイニエスタらの奮闘も実らず、名古屋の守備網を崩せなかった。

VISSEL ニュース

天気(10月26日)

  • 20℃
  • 11℃
  • 0%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ