スポーツ

  • 印刷
オンラインで就任の経緯や今後の意気込みを語る神戸の三浦淳寛新監督=神戸市西区のいぶきの森球技場((c)VISSEL KOBE)
拡大
オンラインで就任の経緯や今後の意気込みを語る神戸の三浦淳寛新監督=神戸市西区のいぶきの森球技場((c)VISSEL KOBE)

 急転直下の監督交代劇を経てJI神戸の新体制が始動した。三浦新監督は就任にあたり、「今までのやり方をぶれずに継続していく」と宣言。2018年からクラブが掲げるボール保持重視の「バルサ化」を自ら体現していく決意を示した。

 強化部門責任者のスポーツダイレクター(SD)からの転身には葛藤も大きかったと明かす。「監督を決定できる立場の自分がなることに納得できるのか。チームの結果が出ていない責任は私にもある」。だが、フィンク前監督の電撃退任を受けた立花社長からの依頼に「空白の時間はつくりたくない」とわずか2日間で受諾を決断した。

 コーチも含めてこれまで指導者の経験はない。「将来的に監督をやりたいという思いでS級ライセンスを取得したが、それがヴィッセル神戸とは考えていなかった」と本音も漏らす。それでも「ゲームを支配する攻撃的なポゼッションスタイル」を目指してチーム編成に携わってきた自負を胸に、24日の練習から選手の持ち味を引き出す指導に全力を注いできた。

 選手時代はフリーキックの名手として知られ、2年半プレーした神戸では06年のJ1復帰に大きく貢献した。「現役の頃からサポーターに支えてもらった。一致団結の合言葉のもと、1パーセントでも勝てる確率を模索していきたい」。監督交代後、天皇杯戴冠につなげた昨季のような反攻はなるか。“アツ”の初采配に注目が集まる。(山本哲志)

VISSEL ニュース

天気(10月30日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ