スポーツ

  • 印刷
ホーム最終戦で必勝を誓う神戸の山口=15日、ノエビアスタジアム神戸
拡大
ホーム最終戦で必勝を誓う神戸の山口=15日、ノエビアスタジアム神戸
今季のホーム最終戦を前に、オンライン取材に応じる神戸の三浦淳寛監督=神戸市西区のいぶきの森球技場((C)VISSEL KOBE)
拡大
今季のホーム最終戦を前に、オンライン取材に応じる神戸の三浦淳寛監督=神戸市西区のいぶきの森球技場((C)VISSEL KOBE)

 J1神戸は第31節第2日の18日、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で午後6時から浦和と対戦する。4連敗で迎える今季のホーム最終戦。三浦監督は「(サポーターの)いろんな思いを理解しているつもりですし、自分の最大限を尽くしたい。クラブ全体で勝ちにいく」と決意をにじませた。

 コロナ禍で声援を送れず、歌も歌えない。拍手だけでも鼓舞しようとスタジアムに足を運んでも勝利が遠い。ここまで32試合を消化して勝ち点36にとどまる低迷に「難しい時間を過ごさせてしまっていることは申し訳ない」と指揮官はファンらに謝罪する。

 MF山口がチームの課題に挙げるのが、攻守両面のサポート。入りが良くても一度ミスが起きれば人任せになり、修正できない。山口は「お互いの要求に対して納得していない。すりあわせが必要。言い合いや指摘はもっとしていい」と語る。

 浦和戦を終えれば、20日にもアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に向けて旅立つ。「昨年の天皇杯のようにモチベーションをもって臨める大会がある。そこに全てを懸けたい」とFW田中。今の雰囲気を一変させるためにも、最後にホームで勝利が必要だ。山口は「今まではどういうサッカーをしたとかきれいなことを言ってきたが、内容よりも結果で示さないといけない」と覚悟を決めた。(山本哲志)

VISSEL ニュース

天気(1月20日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ