連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

【特集】神戸・教員間暴力

  • 印刷
紙面について意見を交わす「読者と報道」委員会メンバー=神戸新聞社(撮影・吉田敦史)
拡大
紙面について意見を交わす「読者と報道」委員会メンバー=神戸新聞社(撮影・吉田敦史)

 神戸新聞は昨年12月、神戸ハーバーランドの本社で「読者と報道」委員会を開きました。3人の委員から、昨年10月に明らかになった神戸市立東須磨小学校での教師による暴行・暴言問題の報道、記事や紙面について意見を聞きました。メンバーは弁護士の鈴木尉久(やすひさ)さん、関西学院大名誉教授の奥野卓司さん、神戸クルーザー会長の南部真知子さんです。委員会の議論を紹介します。(文中、敬称略)

 南部 まだ神戸市教育委員会が設置した外部調査委員会の報告がまとまっていないので、分からない部分が多い。それを踏まえて意見を述べれば、神戸新聞のこれまでの報道に触れ、想定を超えた許されざる行為があったのだとの感想を抱く。一番の被害者は子どもたち。そして、現場で奮闘する多くの教員への社会的信用が失われた。さらに言えば、教師を目指す人たちの気持ちを毀損(きそん)してしまったのではないか。

 奥野 南部委員が言ったような教育の問題ともう一つ、新聞のあり方についても考える必要がある。神戸新聞は使命感を持って報じてきたが、報道を受けて、当初想定していなかったほど世論が沸いてしまった。ネット上にあがると、誰かが加害教員4人のプライバシーの情報を暴いて拡散させる。週刊誌も踏み込んだ記事を書き立てる。読者にも庶民感覚として、やはりそれが知りたいという欲求がある。だが、新聞には人権を尊重しなければならない建前や倫理観があり、読者の欲求をセーブする方向に働く。その結果、新聞の報道基準に揺れが生じる。編集の現場では、相当悩みながら報じてきたのではと感じている。

 鈴木 学校や教育委員会、保護者、神戸市議会などの動きが時系列に沿って報じられ、記者がしっかり追っていることを強く感じた。その上で、取材した事実を報じて終わりにせず、「では、どうすればいいのか」と考える姿勢も打ち出している。被害を受けた教員、加害者とされる教員、ともに紙面に掲載された言葉にリアルさがあった。全体にバランスの取れた報道が意識されていたと思う。

 奥野 これまでのところ、一つ一つよく考えて判断されている。新聞というメディアの姿勢、あるいは地元紙としての姿勢。いろんな議論があったのでは、と推察する。ただ今後、どんな問題に対しても一貫した基準を示すことができるかどうか。そこが揺らいでは、読者に統一感を欠く印象を与えかねない。

 石崎勝伸・報道部デスク ほかのメディアで、ともすれば面白おかしく取り上げられることもありがちな中で、なぜこんなことが起きてしまったのか、なぜ1年以上も見過ごされてきたのか、考えながら報じてきた。これからも報告書の公開や刑事手続きなどで悩むと思うが、地元紙としてどう捉えるのかという視点は大事にしていきたい。

■難解な行政用語 伝わる工夫を

 南部 4人の加害教員について、神戸新聞は実名を伏せている。紙面で名前が報じられたのは、記者会見を開いた現校長と人事異動で市教委付になった前校長だけだ。

 石崎 事件の加害者の場合、私たちは刑事手続きの段階で実名か、匿名かを判断する。今回は行政処分で懲戒免職になることも予想され、推移を慎重に見守りたい。

 南部 新聞社としての判断はそれでいいと思う。もう一つ、担当デスクから処分の話が出たが、神戸市は加害教員に対し、条例を改正して分限処分による給与差し止めに踏み切った。新設の規定で遡及(そきゅう)させることへの議論もあるが、彼らはそれまで有給の形で自宅謹慎しており、将来的な処分に向けた措置だと考えることもできる。想定をはるかに超えた事態なのだから、超法規的にも見える新たな対応もやむを得ないと思う。それほど重大な問題だった。

 奥野 私も給与差し止めなど、神戸市の措置は現実的にはよかったと考える。ただ、それを報じる新聞紙面に、教育委員会や教育委員会事務局、さらに人事委員会などが次々と登場し、一般の読者にはついていけない。教育委員は、例えば米国では住民が選挙で選んでいる州がある。神戸市の場合、誰が選び任命しているのか。そういったことも分かりやすく伝える工夫が必要ではないか。

 南部 分限処分と懲戒処分の違いも極めて分かりにくい。読者にしてみれば、分からないことが生じて頭がもやもやしてしまうと、肝心なところが見えなくなる。分限と懲戒、教育委員会と教育委員会事務局。一つ一つ、押さえながら報じることは大事だ。

 鈴木 確かに分限と懲戒の処分の違いや改正した条例の遡及適用について、もっと丁寧に報じる必要があるだろう。弁護士の立場から言えば、「超法規的」というのは賛成しかねる。教育が政治利用された戦前の反省もあり、教育委員会は民主的統制を受けない機関だ。紙面を読むと、社説でそれらの点を指摘しており、抑制の利いた報道になっていたと思う。事件の加害者を水の中に落ちた犬のようにたたく風潮が見受けられることがあるが、加害者の人権は配慮されなければならない。

 石崎 一般に聞き慣れない言葉や教育委員会の仕組みについては、解説や図で示すなど工夫して伝える必要があると思っている。

 鈴木 「神戸方式」という独特の人事については紙面で図示されており、分かりやすかった。加えて、市議会の議論や市長の反応、関係者の一問一答など、一つ一つ詳細に報じる姿勢に好感を持った。今のところ、調査委員会の報告が出ていないので、加害教員4人の役割が分からず、一緒になって被害教員に暴行を加えた印象になっている。今後はそれぞれの関与の程度も明らかにしてもらいたい。学校の可視化、教育委員会の可視化、そういった視点が求められる。

 南部 保護者の間でも教師間の暴行や暴言はうわさになっていたと思う。私もPTAの副会長を務めたことがあるが、親としては子どもが人質になっているような面も否定できず、告発しにくい、言いにくい状況があるのも事実。学校の再生に保護者はどう関わっていけるのか。そういったことも追ってもらいたい。

2020/1/23
 

天気(5月19日)

  • 25℃
  • 16℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

  • 29℃
  • 14℃
  • 0%

お知らせ