連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

  • 印刷
鈴木商店について語る神戸大大学院教授の三品和広さん=神戸市灘区(撮影・田中靖浩)

鈴木商店について語る神戸大大学院教授の三品和広さん=神戸市灘区(撮影・田中靖浩)

 神戸港開港間もない明治期に創業した鈴木商店は、総合商社の「源流」といわれながら90年前に破綻した。激動の時代を駆け抜けた足跡から、私たちが学べることは何だろう。作家の幸田真音(まいん)さんと神戸大大学院教授の三品(みしな)和広さんに聞いた。

 「経営者が果敢にリスクを取ることの大切さ」と幸田さんは教訓を語る。外資系銀行などで債券を売買するディーラーとして経験を積み、作品で金融市場に身を置く人々を描いてきた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2017/3/19
 

天気(1月19日)

  • 7℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ