防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
防災科学技術研究所・兵庫耐震工学研究センターの実験施設を見学される秋篠宮ご夫妻=16日午後、三木市(代表撮影)
拡大
防災科学技術研究所・兵庫耐震工学研究センターの実験施設を見学される秋篠宮ご夫妻=16日午後、三木市(代表撮影)

 阪神・淡路大震災から25年となるのを前に、秋篠宮ご夫妻が16日、三木市の防災科学技術研究所・兵庫耐震工学研究センターを訪問され、実物大の構造物を揺らす「実大三次元震動破壊実験施設」(E-ディフェンス)を視察した。

 同施設の計測制御棟では、梶原浩一センター長が施設の概要や利用実績、実験例を説明。木造住宅や高層建物を想定した部屋に大きな揺れを起こし、耐震補強や対策の有無による被害の差を比べる実験動画がスクリーンに映し出された。秋篠宮さまは熱心に耳を傾け、「建物によって揺れ方が違いますよね」と話した。

 実験棟の地下ピットでは、震動台の内部も見学し、紀子さまは「素晴らしい施設ですね」とたたえた。

 ご夫妻は、17日に神戸市中央区の兵庫県公館で開かれる震災25年の追悼式典に出席する。(井川朋宏)

防災の最新

天気(5月26日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ