防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
「被災地と被災者を考える懇談会」の歩みを振り返る兵庫県震災復興研究センターの出口俊一事務局長=神戸市長田区久保町7
「被災地と被災者を考える懇談会」の歩みを振り返る兵庫県震災復興研究センターの出口俊一事務局長=神戸市長田区久保町7

 阪神・淡路大震災の被災者支援団体などが復興の現状を把握し、施策を提言する「被災地と被災者を考える懇談会」が、2004年の第1回会合から通算100回を超えた。当初は復興基金の事業検証をテーマに活動し、近年は自治体が被災者向けに提供した「借り上げ復興住宅」の退去問題に注力する。メンバーらは「人と社会が引き起こした『復興災害』は市民の力で解決しなければいけない」と力を込める。(竹本拓也)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

防災
防災の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 10%

  • 34℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ