防災 防災 ひょうご防災新聞

  • 印刷
日本栄養士会・災害支援チームの下浦佳之さん(日本栄養士会提供)
拡大
日本栄養士会・災害支援チームの下浦佳之さん(日本栄養士会提供)

 日本栄養士会(東京)は2018年11月、「赤ちゃん防災プロジェクト」を設立し、各家庭に液体ミルクの備蓄を呼び掛けている。元兵庫県職員で、同会災害支援チーム統括の下浦佳之さん(60)に活用法や気をつけることを尋ねた。

 -災害時や避難所生活で、赤ちゃんの授乳にどのような影響が及びますか。

 「避難所では、授乳できるプライベートな空間が確保されないこともあります。ストレスで母乳が一時的に出なくなることもありますので、家庭でも備えをしておいた方がよいでしょう」

 -液体ミルクは家庭でどれくらい備蓄すれば。

 「最低3日分、出来れば1週間分を備蓄してください。保存期限が近づいた分はそのまま飲ませたり、離乳食でミルクがゆにアレンジしたりもできます」

 -注意点は。

 「高温下に置かず、常温で保存を。成分が沈殿することがあるので、使用前によく振ること。保存期間は半年から1年。開封後はすぐに使い、飲み残しは捨ててください」

 -哺乳瓶や専用の吸い口がない場合は。

 「清潔な紙コップやスプーンを使って、縦抱きで授乳する方法も。赤ちゃんが自分のリズムで飲めるよう、ゆっくりあげてください」

 -平時の備えは。

 「液体ミルクの種類によっては相性があり、赤ちゃんに合っていないと飲まないこともあります。平時に飲み比べをしておくと、いざというときに役立ちます。粉ミルクも同じです」

防災の最新

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ