総合 総合 sougou

  • 印刷
藤井聡太王位(左)豊島将之九段
拡大
藤井聡太王位(左)豊島将之九段

 28日朝、愛知県犬山市で始まった将棋の「お~いお茶杯第63期王位戦」(神戸新聞社主催、伊藤園特別協賛)7番勝負の第1局は、振り駒で先手番を得た豊島将之九段(32)=兵庫県尼崎市=が7六歩(5手目)で角換わりに誘導。角換わりは豊島九段と藤井聡太王位(19)=竜王・叡王・王将・棋聖=の両者が得意とする戦型で、互いに腰掛け銀に構えて駒組みが進んだ。

 序盤に角を交換する角換わりは、昨年両者が覇権を争った王位、叡王、竜王の3タイトル戦全てで登場した。豊島は藤井の7四歩(24手目)を受けず、端歩を9五歩(25手目)と突き越してから駒組みを進めた。

 立会人の小林健二・九段(65)は「人工知能(AI)によって進化した戦法で、両対局者の工夫が見られそう。以前は先手番が先攻することが多かったが、後手番の藤井王位が積極的に仕掛け、豊島九段が受けて立つ展開も考えられる」と予想。副立会人の澤田真吾七段(30)は「藤井王位が金をどこに動かすかがポイントになる」と話した。

【王位戦中継サイト】こちら

【特集ページ】王位戦

王位戦囲碁将棋
総合の最新
もっと見る
 

天気(8月14日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 33℃
  • 25℃
  • 50%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

  • 33℃
  • 26℃
  • 40%

お知らせ