生きるのヘタ会?×神戸新聞

細川貂々さんインタビュー

■(5)のんびり、ほわほわできたらいいな

  • 印刷
記事
拡大
子どものころから感じてきた「生きづらさ」や当事者研究について語る細川貂々さん=宝塚市栄町(撮影・中西幸大)
記事
拡大
宝塚市立中央図書館で開かれている「生きるのヘタ会?」の看板=宝塚市清荒神
記事
拡大
「生きるのヘタ会?」で進行役を務める細川貂々さん=宝塚市立中央図書館(撮影・藤家 武)
記事
拡大
参加者の語りをホワイトボードに記入していく細川貂々さん=宝塚市立中央図書か(撮影・藤家 武)

宝塚市立図書館で2019年秋から月1回、当事者研究の集まりを開いている細川貂々(てんてん)さん。会合には毎回、宝塚市内外から15人ほどが参加しています。

今の時代、みんなが自分の弱さや悩みを語り合う意味とは?

てんてんさんに聞きました。

(聞き手・中島摩子)

-集まりを取材した時、みなさんがたくさんしゃべっていてびっくりしました。

「しゃべると、気持ちがいいんだと思います。口に出すことで、自分が何に悩んでいるか理解できるから。聞いているだけでも、ホッとする人はホッとします。『それ、私も!』とか。悩んでるのは自分だけじゃない、とか。ほかの人の意見を聞いて、視野が広がることもありますよね」

-どんな悩みが多いですか?

「人間関係がうまくいかないとか、コミュニケーションのことが多いと思います」

「今の時代、閉塞感があって、みんな生きづらいと思っていますよね。これをしちゃいけない。あれをしちゃいけないばかり。何か言うとたたかれるから、みんなビクビクしているし、何も言えなくなっちゃってる。そういう時代にあって、『弱さを言ってもいいよ』というところがあってもいいんじゃない、と思っています」

-1時間ほどの集まりで、てんてんさんは自分の話はしないんですね。

「私は進行役なので、自分の意見はあんまり言っちゃいけないんです。私の意見が聞きたい、といって参加してくれる人がいるけれど、当事者研究は自分の悩みを研究する場所です。ほかの参加者の話や意見を聞いて自分を知る、はいいけれど、進行役の意見を聞く場所ではないと考えています」

-てんてんさんは、当事者研究をしてどんなことに気づきましたか?

「気づいたのは、諸行無常です。常に変わるし、一定じゃないということ。私は自分を『ネガティブ思考クイーン』と決め付けていたけれど、人も状況も、どんどん変わっていく。だから、自分のことを決め付けないし、他人も決め付けない。変わっていくんだから、決め付けてもしょうがないと思うようになりました」

-「生きるのヘタ会? てんてん×神戸新聞」が始まりました。神戸新聞のインターネットサイトや紙面を使って、どんな場所にしていきましょう。

「今のインターネットって、のんびりできたり、気持ちが安らぐような場所があんまりない。だから、そういう場所になったらいいな。みんなが悩みを言うけれど、あったかい感じ。色でいうと、薄いオレンジ色みたいな。のんびり、ほわほわ…。なんか、ここ見てるといいよね、って感じになればいいな」

(終わり)

細川貂々さん

ほそかわ・てんてん

1969年9月生まれ。宝塚市在住。セツ・モードセミナー卒業後、漫画家・イラストレーターとして活動。夫のうつ病闘病を描いた「ツレがうつになりまして。」(幻冬舎)はベストセラーになり、ドラマ化、映画化された。近年は「それでいい。」(創元社)、「生きづらいでしたか? 私の苦労と付き合う当事者研究入門」(平凡社)など、ネガティブ思考の自身の経験をもとにした著書などを手掛ける。

【ツイッターアカウント】@hosokawatenten

【ホームページ】https://www.hosoten.com

天気(5月12日)

  • 23℃
  • 16℃
  • 50%

  • 25℃
  • 9℃
  • 20%

  • 23℃
  • 15℃
  • 50%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ