連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

取材パートナー

  • 印刷
新型コロナウイルスの影響で中止となった「日本一の芋煮会フェスティバル」に代わるイベントで調理される芋煮=9月、山形市
拡大
新型コロナウイルスの影響で中止となった「日本一の芋煮会フェスティバル」に代わるイベントで調理される芋煮=9月、山形市
例年よりも少ないが、芋煮を楽しむ人たちが見られた=山形市、馬見ケ崎川河川敷
拡大
例年よりも少ないが、芋煮を楽しむ人たちが見られた=山形市、馬見ケ崎川河川敷

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、「今年の芋煮会、どうする?」という山形新聞社の問いかけに、多くの反響が寄せられた。野外でサトイモを使った鍋料理を楽しむ東北の風物詩だが、「行かない」「誘われたら行く」はほぼ同数で、“迷いの秋”となっているようだ。義理で参加していた会がなくなって良かったという厳しい声も。職場や学校で当たり前だった芋煮会の常識が変わるきっかけになるかもしれない。

 「これからも新型コロナの感染拡大が懸念されるため、参加しない」としたのは山形県天童市の70代無職男性。山形市の医療従事者の50代男性も「今は我慢のとき」として参加を見送った。重症化が心配される高齢者や、職場への影響を考える人は特に、神経をとがらせている実態が浮かぶ。

 一方「参加したい」とした中でも、家族や親戚と少人数なら行くという慎重派が目立った。職場や大人数のグループでは自粛傾向のようだ。山形市のパート事務員の50代女性は「これを機に、なんとなく恒例だからという芋煮会は減るのではないか」と指摘した。

 ほぼ全員に共通していたのは「家で楽しむ」という点だ。同県舟形町の40代主婦は「牛肉をランクアップさせる」と提案。同県米沢市の女子中学生は「いざとなったら自分で作る」、同県酒田市の男子学生も「芋煮を献立の一品に加える」と、若年層でも「家芋煮」の意識が広がっていた。

 なくなれば「風情がない」とする声も相次いだ。大事なコミュニケーションの場となっていたため「遠方の友人に会えなくて残念」「人間関係の希薄化が心配」などの回答があった。山形市の50代主婦は「文化がなくなるわけではない。安心してできるときに楽しめばいい」とした。

 同市の馬見ケ崎川では9月後半、例年よりは少ないものの芋煮会をする家族連れなどの姿が見られた。決行するにしても回答者からは「食べるとき以外はマスクをする」「トイレや水場の混雑が心配」といった懸念は尽きなかったが、山形の秋の河川敷にこの風景は欠かせない。同県東根市の60代主婦は「鍋を囲む人たちを散歩がてら見るだけでも気分転換になる」とした。

 コロナ禍は、芋煮会という定番の文化をも見つめ直す機会となったようだ。家で少しぜいたくに、屋外でこぢんまり…。工夫をしながら、それぞれの秋を楽しみたい。(山形新聞社)

【芋煮会】主に東北地方で開かれる、河川敷などにグループで集まり、サトイモを使った鍋料理を楽しむ行事。9月中ごろから始まり、10月がピークとなる。具材は、山形市周辺は牛肉、こんにゃく、ネギが入った「すき焼き風」、宮城県の仙台市では豚肉にみそ味の「豚汁風」など、地域や家庭ごとに特色がある。

2020/10/22
 

天気(11月30日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 90%

  • 19℃
  • 2℃
  • 90%

  • 20℃
  • 7℃
  • 80%

  • 19℃
  • 5℃
  • 90%

お知らせ