LINEで結ぶ双方向型報道

神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めます。取材班とのやりとりには、無料通信アプリLINE(ライン)を使用。いつでもどこでも投稿できます。

身近な疑問や困りごとから、企業や自治体の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。記者が取材・調査した上で記事にします。

QRコードから進み、LINEの「友だち登録」をしていただいて、投稿してください。情報の取り扱いには万全の注意を払い、取材源の秘匿を厳守します。

登録していただいた方には、こちらからテーマを設けてアンケートを行い、紙面に反映することもあります。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

情報提供はこちらから

暮らしの疑問から不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。

LINE@

取材記事一覧
取材パートナー社

神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」では、全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。お互いの記事を紙面やウェブサイトに掲載したり、取材・調査テーマを共有したりします。情報の取り扱いには十分注意し、取材源の秘匿は厳守いたします。地域に根差したローカルメディア同士がつながり、より深く真相に迫っていきます。