神戸新聞NEXT|連載・特集|虫顔図鑑 - みじかなカイブツたち

昆虫は自然の「結晶体」



撮影後記

身近な昆虫たちの姿に圧倒

撮影した昆虫の多くはサブタイトルの通り、私たち日本人の身近に息づくものばかりです。小さな生き物に宿る命の輝きを感じながらシャッターを切りました。

2015年の初夏から里山や都市などで生息する昆虫の採集を始めました。NPO法人「こどもとむしの会」(本部・神戸大学)の近藤伸一副理事長とともに野山を駆け巡りチョウや蛾、トンボなどを集めました。日本甲虫学会の山本勝也氏(神戸市須磨区)にもご協力を頂きました。同氏が主に兵庫県内で集めた約600匹の標本箱の中から撮影したものもあります。

当初、撮影にはさほど時間はかからないだろうと考えていましたが、結果的に撮影と取材、制作を含めて約3カ月かかりました。

昆虫は、自然の「結晶体」だと思います。微細なものを拡大できるマクロレンズを使いファインダーを通すと、その構造美が大自然と対峙するような圧倒される感覚に包まれました。もちろん種によって形状も違います。どのように撮影すれば、最大限の特徴をとらえられるのだろうかと、さまざまな角度から迫りました。

本サイトに登場した「カイブツ」たちを見ることで、小さくてもいかに多様な「自然」が私たちのそばに存在するかをご理解頂ければ幸いです。

最後に掲載した昆虫の生態について、山本、近藤両氏に教えを頂きました。あらためてここで感謝を申し上げます。

中西大二
※サイトに掲載している写真には、一部を修正しているものがあります

参考文献

  • 広畑政巳・近藤伸一(2007)『兵庫県の蝶』岩峰社
  • 栗林慧・大谷剛(1987)『名前といわれ 昆虫図鑑』偕成社
  • 宮武頼夫・加納康嗣・日本直翅類研究会(1992)『検索入門セミ・バッタ』保育社
  • 村井貴史・伊藤ふくお(2011)『バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑』日本直翅類学会監修、北海道大学出版会
  • 日本チョウ類保全協会(2012)『フィールドガイド 日本のチョウ』誠文堂新光社
  • 『原色ワイド図鑑 昆虫Ⅰ』(2002)岡島秀治監修、学習研究社
  • 『原色ワイド図鑑 昆虫Ⅱ・クモ』(2002)岡島秀治監修、学習研究社
  • 川上洋一(2011)『庭のイモムシケムシ』みんなで作る日本産蛾類図鑑編、東京堂出版
  • 鈴木欣司・鈴木悦子(2012)『昆虫好きの生態観察図鑑Ⅰチョウ・ガ』緑書房

カイブツなオールスターたち


Copyright 神戸新聞社 All Rights Reserved.