神戸新聞NEXT|連載・特集|虫顔図鑑 - 茶目っ気ドラゴンフライ・シオカラトンボ
カイブツ度★★★★☆

茶目っ気ドラゴンフライ



シオカラトンボ トンボ科 学名:Orthetrum albistylum speciosum

最も身近なトンボ

カイブツ度
★★★★☆
平地や低山地の池や沼、市街地の水辺にでも普通に見られる。生息域が広くトンボの中でも最も身近な存在。未熟なオスとメスの体は黄色で黒いしまがあり、俗に「ムギワラトンボ」とも呼ばれている。オスが成熟すると、白い粉を帯びてくるため、その名がついたと思われる。まれにメスにもオスと同じ色の個体が見られる。成虫の出現時期は4~11月。体長約40ミリ。

分布はほぼ日本全土。

採集地 三木山森林公園。

カイブツなオールスターたち


Copyright 神戸新聞社 All Rights Reserved.