スポーツ

  • 印刷
男子ゴルフで学生2冠に輝いた大院大の砂川公佑=神戸市西区、滝川第二高
拡大
男子ゴルフで学生2冠に輝いた大院大の砂川公佑=神戸市西区、滝川第二高

 男子ゴルフのアマチュア、大院大3年の砂川公佑が充実の1年を終えた。8月の日本学生選手権、10月の朝日杯日本学生選手権を制し、今季の学生2冠に輝いた。「できすぎの部分はあるが、自信になった」。滝川第二高出身の逸材が鮮やかな成長曲線を描いた。(松本大輔)

 兵庫県高砂市出身。高校1年から兵庫県ジュニア選手権を連覇し、3年時には関西ジュニア選手権で優勝するなど、実力者が並ぶ強豪の滝川第二高でも目立つ存在だった。

 大学進学後はタイトルまであと一歩が続いていたが、今夏の日本学生選手権で一気に開花した。会場の小野グランドCC(小野市)は普段、キャディーのアルバイトをしているコース。大会前から研究し、「グリーンの形状を把握していたのでうまく攻略できた」と地の利を生かした。4日間でわずか1ボギー、通算20アンダーの好スコアで初優勝を飾った。

 学生王者に輝き、出場権を獲得した10月のプロツアー、ブリヂストンオープンは初日3位発進。2日目に伸ばせず6位に終わったものの「2年前に出た時は通用しなかったが、今回は手応えを感じた」と自信を深めた。

 ゴルフとの出合いは物心がついたころ。祖父に子ども用に短くカットしてもらったクラブを使い、自宅の庭で遊んでいたという。中学までは本格的に競技に取り組んでいなかったが、県内の大会に出場した際、滝川第二高の角谷真吾監督の目に留まり、才能を見いだされた。

 プロ転向を目指す21歳にとって学生最後の来年は重要な1年。「再来年にはテレビに出ているプロたちと同じ立場になる。まだまだ実力、技術が足りていない」。将来の目標は男子ツアーの永久シード権の獲得。壮大な未来像を胸に、着実に歩を進める。

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 70%

  • 15℃
  • 6℃
  • 60%

  • 14℃
  • 9℃
  • 70%

  • 14℃
  • 8℃
  • 70%

お知らせ