スポーツ

  • 印刷
奈良・御所実3年のCTB冨岡周
拡大
奈良・御所実3年のCTB冨岡周

 ラグビーの高校日本代表に選ばれた奈良・御所実3年のCTB冨岡周(あまね)=神戸市灘区出身。21日からのウェールズ遠征は新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止になったが、桜の誇りを胸に次のステージでの成長を誓う。

 4歳から神戸市立鷹匠中まで芦屋ラグビースクールでプレー。中学1年の冬、花園で見た竹山晃暉(現パナソニック)らの活躍に憧れ、御所実へ進んだ。「自分のスキルはそこまで高くない。頭を使ってラグビーをしてきた」。寮では映像を何度も見返し、俊足選手の止め方などを体に染み込ませた。174センチ、82キロの体で大きな相手に立ち向かい、堅守の要を担った。

 重ねた努力は最後の花園で実を結ぶ。ビッグタックルを連発し、全国高校大会準優勝に貢献。昨秋までは候補にも入っていなかった代表26人に抜てきされた。「選ばれるとは思わず自信になった。トップリーグに行くという夢が目標になった」。4月からは関学大に進学する。持ち味の防御をさらに磨くつもりだ。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月31日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 23℃
  • 17℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 20℃
  • 50%

お知らせ