スポーツ

  • 印刷
播磨灘
拡大
播磨灘

【大相撲春場所・初日】(8日、エディオンアリーナ大阪)

 初めて三段目の取組に臨んだ播磨灘(兵庫県姫路市出身)が、綾風(同県川西市出身)との兵庫対決を制した。右を差し、持久戦から最後はもろ差しにして寄り切り。「初めてお客さんがいない場所で初の三段目。緊張した」と荒い息で振り返った。

 相撲漫画「ああ播磨灘」の主人公と同じしこ名を背負う23歳。漫画通りの連勝街道とはいかず、左目網膜剥離による1年間のブランクも経験した。それでも諦めず土俵に復帰。序二段の中位で迎えた初場所を6勝1敗と大きく勝ち越し、一気の昇進を果たした。

 「序二段までは下駄(げた)だけど、三段目は雪駄(せった)。下着も白のトランクスじゃなく普通のパンツをはける。そういうところで実感します」。まずは三段目の地位を守るため、ご当所で勝ち越しを目指す。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月3日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 10%

  • 31℃
  • 16℃
  • 10%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

  • 31℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ