スポーツ

  • 印刷
2月の日本選手権男子20キロ競歩で9位に入った村山裕太郎=六甲アイランド甲南大西側コース(撮影・中西幸大)
拡大
2月の日本選手権男子20キロ競歩で9位に入った村山裕太郎=六甲アイランド甲南大西側コース(撮影・中西幸大)

 陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた全日本競歩能美大会は15日、石川県能美市の日本陸連公認コースで男女の20キロが行われる。5月に行われる世界チーム選手権(ベラルーシ・ミンスク)の代表選考会の一つでもあり、男子で川西緑台高出の村山裕太郎(順大)は「ジャパンの責任を背負ってみたい」と日本代表入りに意欲を見せる。

 2月に地元兵庫で行われた日本選手権は9位だった。雨が降る悪天候で「前半スピードに乗ることができなかった」と苦戦したが「10キロ手前で1人になったが、自分の中でリズムをつくって大崩れせずにレースを組み立てられたのは成長したかな」と村山。落ち着いて順位を上げていった試合運びを収穫に挙げた。

 昨年の能美大会では兵庫記録となる1時間21分30秒をマーク。今年は「自己ベストを出し、5枠ある世界チーム競歩の代表を目指したい」と気合を入れている。

 兵庫関係ではほかに、ロンドン五輪女子代表の渕瀬真寿美(建装工業、須磨学園高出身)らが出場する。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月30日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ