スポーツ

  • 印刷
プロテストに向け、兄で元世界王者の山中竜也さん(左)とマスボクシングをする山中菫=神戸市東灘区、真正ジム
拡大
プロテストに向け、兄で元世界王者の山中竜也さん(左)とマスボクシングをする山中菫=神戸市東灘区、真正ジム
兄の山中竜也さん(左)と久保隼(右)の元世界王者2人の助言を胸に、プロテストに挑む山中菫=神戸市東灘区、真正ジム
拡大
兄の山中竜也さん(左)と久保隼(右)の元世界王者2人の助言を胸に、プロテストに挑む山中菫=神戸市東灘区、真正ジム
プロテストに向け、兄で元世界王者の山中竜也さん(右)と練習する山中菫。「動きがそっくり」と評判だ=神戸市東灘区、真正ジム
拡大
プロテストに向け、兄で元世界王者の山中竜也さん(右)と練習する山中菫。「動きがそっくり」と評判だ=神戸市東灘区、真正ジム
元世界王者の久保隼(右)を相手にミット打ちに励む山中菫=神戸市東灘区、真正ジム
拡大
元世界王者の久保隼(右)を相手にミット打ちに励む山中菫=神戸市東灘区、真正ジム

 柔らかな表情も動きも、兄とそっくりだ。世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級元王者、山中竜也さんの妹菫(すみれ)は今春に相生学院高を卒業し、6月のプロテストを目指して真正ジムでトレーニングに励む。6歳上の兄が世界王座から陥落し、引退したことにショックを受けて一度は競技を離れたが、今年の年明けに1年半ぶりに復帰。18歳のサウスポーは「絶対に世界チャンピオンになると決めて戻ってきた」と大きな背中を追う。(藤村有希子)

 妹は胸が張り裂けそうだった。2018年7月、世界王者として2度目の防衛戦に臨んだ竜也さんがフィリピン選手に判定負けし、病院に搬送。急性硬膜下血腫で現役を退いた。同じ真正ジムで小学3年から鍛えてきた菫だったが「怖くなった」と競技から遠ざかった。

 しかし兄の試合映像を見るうちに「余計なパンチをもらわない。12ラウンドが終わるまで足も頭も動かせるスタミナがすごい。同じように戦いたい」との思いが湧き、今年1月に本格復帰した。

 今では介護のアルバイトの傍らでトレーニングし、自身の動画を兄に送っては助言を仰ぐ日々。ジムの先輩で世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級元王者の久保隼には、時折ミットで受けてもらっている。

 6人きょうだいで5番目の菫に対し、最年長の竜也さんは「パンチ力と気持ちの強さがある。世界チャンピオンになって、僕より防衛を重ねてほしい」と期待。ジムの山下正人会長は「道半ばでやめた兄の志を受け継いでくれたら」と話す。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、プロテスト受験が後ろ倒しになる可能性もあるが、根気強く練習を続ける。目指すのは最軽量のアトム級での活躍。146センチのホープは「理想のボクサーであるお兄ちゃんを超えるところまでいきたい」と強気をのぞかせた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ