スポーツ

  • 印刷
コロナ禍の中、競技以外にも関心を広げ、自らの肥やしにする溝畑樹蘭=2019年9月、茨城県ひたちなか市
拡大
コロナ禍の中、競技以外にも関心を広げ、自らの肥やしにする溝畑樹蘭=2019年9月、茨城県ひたちなか市
昨年9月の茨城国体でも活躍した溝畑樹蘭=2019年9月、茨城県ひたちなか市
拡大
昨年9月の茨城国体でも活躍した溝畑樹蘭=2019年9月、茨城県ひたちなか市

 日本競泳界のホープ、溝畑樹蘭(コナミスポーツ、報徳高出身)は、練習も満足にできない苦境を前向きに捉える。神戸新聞の書面インタビューに応じ、「自分のために使える時間は増えている」とコメント。1年延期された東京五輪に向けて競技以外への挑戦も増やし、人間としての幅を広げようとしている。(藤村有希子)

 兵庫県丹波篠山市出身の22歳。182センチの長身を生かしたダイナミックな泳ぎが魅力で、明大進学後に一層飛躍した。2018年にジャカルタ・アジア大会の男子400メートルリレーで日本の金メダル獲得に貢献。昨夏にはユニバーシアードの200メートル個人メドレーで優勝した。

 56年ぶりとなる日本開催の夏季五輪を前に、世界は未知のウイルスに襲われた。五輪切符を懸け、100メートル自由形と200メートル個人メドレーに出場予定だった4月の日本選手権は中止。溝畑は今の生活について「感染拡大防止のため、できるだけ自宅で過ごすことを心掛けている。十分な練習はできていない」と打ち明ける。

 その中でも体力低下を食い止めるため、ストレッチや、チューブを使った自重(自分の体重を負荷とした)トレーニングなどに長時間励み「身体を休めないようにしている」と工夫を重ねる。

 今、挑戦しているのは読書という。「時間があるので、まずは興味がある本から読み、知識を増やしたい」と競泳以外に対しても意欲的だ。

 目指す東京五輪が1年延期されたが、まず願うのは世の中が元通りの日常に戻ることだ。「新型コロナウイルスの一刻も早い収束を願っている。今は健康な状態でいることが大事なので、不要な外出をせず、感染のリスクを減らす行動を」と社会の一員として強い思いを示した。

 おおらかな性格で親しまれるトップスイマーは、故郷兵庫の後輩選手らにメッセージを送った。

 「モチベーションを保つことは大変だが、自分のために使える時間は増えていると思う。水泳だけでなく、それ以外のことにも目を向けて、いつもと違った視点で物事を考え、情報を得て吸収することが大事。家の中での生活が多くなった今だからこそ、できることに挑戦していきましょう」

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月7日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 28℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ