スポーツ

  • 印刷
稲村和美市長(中央)にマスクを手渡すアサヒ飲料の川口陽生(左)とブライソン・ブリス=尼崎市役所(チーム提供)
拡大
稲村和美市長(中央)にマスクを手渡すアサヒ飲料の川口陽生(左)とブライソン・ブリス=尼崎市役所(チーム提供)

 アメリカンフットボールの社会人チームで、尼崎市に本拠地を置くアサヒ飲料クラブチャレンジャーズがこのほど、マスク1万枚を同市に寄贈した。

 アサヒ飲料は、社会人日本一に2度輝いている名門。コロナ禍の中、地域貢献活動の一環で選手や関係者から寄付金を募り、8千枚のマスクを購入した。調達に協力した同市のカムイ調剤薬局が、無償で2千枚を追加した。

 同市役所で稲村和美市長に手渡したWR川口陽生(関学大出)は「チームの活動は自粛中だが、持てる力を生かしたかった。今後も地元のお役に立てれば」と話していた。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月16日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ