スポーツ

  • 印刷
動画一覧へ
福岡戦第2クオーター、兵庫の沢田悠が跳躍力を生かしてジャンプシュート
拡大
福岡戦第2クオーター、兵庫の沢田悠が跳躍力を生かしてジャンプシュート
福岡戦第2クオーター、競り合う(左から)兵庫の広瀬真希、福岡の森ムチャ、兵庫の山下朋美、滝井亜里沙
拡大
福岡戦第2クオーター、競り合う(左から)兵庫の広瀬真希、福岡の森ムチャ、兵庫の山下朋美、滝井亜里沙
福岡戦第2クオーター、パスする兵庫の荒木恵美
拡大
福岡戦第2クオーター、パスする兵庫の荒木恵美
福岡戦第2クオーター、ジャンプシュートする山中美佳
拡大
福岡戦第2クオーター、ジャンプシュートする山中美佳

 10-15。2回戦の第1クオーター(Q)は、ビハインドを5点にとどめた。「満点の滑り出し」と兵庫コーチの高松一人。

 制限時間の24秒を目いっぱい使う攻撃が、効果を生んでいた。

 試合全体を通して自分たちの攻撃回数は減ってしまうが、同時に、福岡に与える時間も減る。それが狙いだ。

 「ロースコアの競り合いに持ち込めば兵庫に勝機がある」と、監督の吉川公明は考えた。

 第2Q、滝井亜里沙(園田高)に代わって、沢田悠(市尼崎高)がボールを運び始めた。

 怒られ役といえば滝井だが、国体メンバーで唯一、監督吉川と同じ市尼崎高に属する沢田も、似たような役回りだった。

 実は沢田も、国体直前合宿での「寝坊組」。夕方に部屋でつい眠ってしまい、以後の練習では「何をしても怒られる」という憂き目に遭った。

 そんな「もう一人の怒られ役」は171センチの上背に似合わず俊足。最大の武器は跳躍力を生かしたジャンプシュートだ。「ドリブルから真上に跳べる」と吉川は評する。

 尼崎市立小園中ではバスケットの傍ら、市内陸上大会の走り高跳びに出場し、大会記録にあと1センチと迫った実力を持つ。

 「抜かれるのも怖い」と離れ気味に守る福岡のエース、森ムチャ(中村学園女高)の目前。

 「やったろう」。気迫あふれる沢田が3点シュートに挑んだ。20-18と逆転に成功した。

 続いて3点ラインのやや内側。ドリブル、細かなフェイクから、垂直に跳び上がった。ボールは高い弧を描き、リングにすっぽりと収まった。

 前半は24-26で終了。

 理想の流れで折り返した。

 だが後半。

 ガードとして再登板した滝井のパスが、読まれ始めた。

=敬称略。肩書、所属は当時=

(藤村有希子)

【あらすじ】2006年秋の兵庫国体バスケットボール少年女子。選抜メンバーを組んだ地元兵庫は、最大のヤマ場と捉えていた強豪・福岡との2回戦に挑んだ。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月9日)

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

  • 31℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 27℃
  • 24℃
  • 70%

お知らせ