スポーツ

  • 印刷
優勝した加藤未唯(左)と準優勝の今西美晴=三木市志染町見津田、ブルボンビーンズドーム
拡大
優勝した加藤未唯(左)と準優勝の今西美晴=三木市志染町見津田、ブルボンビーンズドーム
女子決勝 力強くフォアハンドを放つ加藤未唯
拡大
女子決勝 力強くフォアハンドを放つ加藤未唯
ドローンで運んだ賞金目録を手にするダニエル太郎(中央)=三木市志染町見津田、ブルボンビーンズドーム
拡大
ドローンで運んだ賞金目録を手にするダニエル太郎(中央)=三木市志染町見津田、ブルボンビーンズドーム
女子決勝 バックハンドで打ち返す加藤未唯
拡大
女子決勝 バックハンドで打ち返す加藤未唯

 テニスの国内トップ選手が出場するシングルスの無観客大会「BEATCOVID-19オープン」最終日は3日、兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで男女の準決勝、決勝があり、男子はダニエル太郎(エイブル)、女子は加藤未唯(ザイマックス)が頂点に立った。

 男子決勝は、ダニエルが清水悠太(三菱電機、西宮甲英高出)を5-4、1-4、4-0で退けた。女子決勝は、加藤が今西美晴(フリー)を4-1、4-0で破った。

 大会は、新型コロナウイルスの影響でツアーの中断が続く中、運営費や賞金がクラウドファンディングによる寄付などで賄われ、3日間行われた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ