スポーツ

  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校総合体育大会(インターハイ)に代わり、全国の高校3年生を対象にオンラインで開催された空手・個人形の大会「形インターネットGP(グランプリ)」の結果が発表され、男子は熊谷拓也(東京・世田谷学園)、女子は堀場早耶(静岡・御殿場西)が優勝した。兵庫勢は女子の北本そらと加藤くるみの夙川コンビが8強入りし、大会の優秀選手に選ばれた。

 男女計378人が参加し、選手が提出した演武の動画を審判員が採点した。優勝者は10日、東京都内の文部科学省で、萩生田光一文科相から表彰され、迫力ある演武を披露した。

 熊谷は「目標を失いかけていたが、素晴らしい大会を開いていただき、感謝でいっぱい」と喜びを語り、堀場は「3年間の集大成を発揮できた」と話した。萩生田文科相は「厳しい状況の中でも取り組んでくれ、うれしく思う」とねぎらった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ