スポーツ

  • 印刷
判定勝ちを収めて喜ぶ長井香織(右端)。左端は敗れた神田桃子
拡大
判定勝ちを収めて喜ぶ長井香織(右端)。左端は敗れた神田桃子
新王者になった長井香織
拡大
新王者になった長井香織
3回、神田桃子(左)にパンチを浴びせる長井香織
拡大
3回、神田桃子(左)にパンチを浴びせる長井香織
序盤に神田桃子(右)のパンチをかわす長井香織=神戸市立中央体育館
拡大
序盤に神田桃子(右)のパンチをかわす長井香織=神戸市立中央体育館
最終6回、パンチを浴びせる長井香織(右)
拡大
最終6回、パンチを浴びせる長井香織(右)

 新型コロナウイルスの影響で興行が中断されていたプロボクシングで、再開後、関西初となる試合が25日、神戸市立中央体育館で無観客開催され、日本女子アトム級王座決定戦は神戸市西区出身で同級1位の長井香織(真正)が元東洋太平洋女王の神田桃子(寝屋川石田)に2-0の判定で勝ち、新王者になった。長井は通算10戦5勝(2KO)2敗3分け。

 プロテストも行われ、世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級元王者、山中竜也さんの妹で相生学院高出の菫(すみれ)=真正=らが合格した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 0%

  • 25℃
  • 15℃
  • 10%

  • 28℃
  • 21℃
  • 0%

  • 29℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ