スポーツ

  • 印刷
調印式に臨んだ西宮運営会社の渡瀬吾郎社長(左)と第一生命保険の宮田康弘関西営業本部長=大阪市内(提供写真)
拡大
調印式に臨んだ西宮運営会社の渡瀬吾郎社長(左)と第一生命保険の宮田康弘関西営業本部長=大阪市内(提供写真)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の西宮は第一生命保険とオフィシャルパートナー契約を結び、4日、大阪市内で調印式に臨んだ。

 バスケット界での認知度を高めようと、第一生命保険から契約を打診した。期間は1年で、同社のロゴがユニホームのパンツ後面に入る。今後、子ども向けバスケット教室の開催なども目指す。

 西宮運営会社の渡瀬吾郎社長は「まだまだ小さいクラブがこのような契約を締結させていただき、私自身が一番びっくりしている」と感謝した。

 第一生命保険の宮田康弘関西営業本部長は「『100年続くクラブに』という西宮の理念に共感した。それぞれの強みを融合して西宮市、兵庫県の発展に貢献する」と述べた。同社は健康増進などで協力する包括連携協定を、西宮市とも結んでいる。(藤村有希子)

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月20日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ