スポーツ

  • 印刷
拡大

 陸上の兵庫選手権(神戸新聞社後援)最終日は9日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で延期となっていた第1日の種目が行われ、男子やり投げはディーン元気(ミズノ)が76メートル45の大会新記録で頂点に立ち、巌優作(市尼崎高)が72メートル00の兵庫高校新記録で2位になった。

 女子ハンマー投げは藤本咲良(中京大)が57メートル19、同棒高跳びは那須真由(RUN JOURNEY)が4メートル13と、それぞれ自身の大会記録を塗り替えて優勝。男子100メートルは永田駿斗(住友電工)が10秒44の大会タイ記録で制した。

 今大会が予選を兼ねていた近畿選手権(9月5、6日・和歌山市紀三井寺陸上競技場)は新型コロナウイルス感染拡大のため中止が決まった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ