スポーツ

  • 印刷
フォルケ・アキンラデウォ(SAGA久光スプリングス提供)
拡大
フォルケ・アキンラデウォ(SAGA久光スプリングス提供)

 バレーボールVリーグ1部(V1)女子の久光(練習拠点・神戸市)に2季ぶりに復帰したフォルケ・アキンラデウォが14日、オンラインで会見し、「全力でチームの役に立ちたい」と意気込みを語った。

 米国代表のアキンラデウォは2017~18年シーズンから2年間、久光に所属。191センチの長身を生かした豪快なスパイクが魅力のミドルブロッカーとして攻守で活躍し、リーグ連覇に貢献した。

 長男を出産する1週間前までトレーニングし、産後も調整を重ね、9月28日に来日。今月13日からチームに合流し「妊娠が分かった時から久光に戻りたいと思っていた。第2のふるさとであり、ファミリー」と復帰を喜んだ。

 チームは今季、2季ぶりの頂点を目指しており「一丸となれば素晴らしい結果になる。立役者になれるよう、エネルギーを注ぎたい」と力を込めた。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ