スポーツ

  • 印刷
フェースガードを着けて練習するINAC神戸の田中(中央)
拡大
フェースガードを着けて練習するINAC神戸の田中(中央)

 サッカー女子プレナスなでしこリーグ1部第15節最終日の18日、3位INAC神戸はノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で2位日テレとの上位決戦に臨む。3試合連続ゴール中のFW田中は今季2度目の古巣対決に闘志を燃やし「勝てば2位になれる。ホームは不思議に力が出る」とホーム3連勝を誓う。

 15日は神戸レディースフットボールセンター(神戸市東灘区)で報道陣に練習を公開。2桁得点に到達した前節のマイナビ仙台戦で相手と接触して鼻骨を折った田中はフェースガードを着用して汗を流した。背番号9は「個人的には狙っている」と5年連続得点王を意識し、残り5試合でトップと5差ながら「チャンスを逃さず得点を積み重ねていけば問題ない」ときっぱり言った。

 先月のアウェー戦では2-1で粘り勝った。2試合連続先発出場のDF西川は「決定力のあるストライカーがいる」と12得点をマークしているFW小林(神戸市垂水区出身)を警戒し「無失点で守り切りたい」と力を込めた。(尾藤央一)

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ