スポーツ

  • 印刷
フィギュアスケート全兵庫選手権SPで演技を披露する坂本花織=尼崎スポーツの森
拡大
フィギュアスケート全兵庫選手権SPで演技を披露する坂本花織=尼崎スポーツの森
フィギュアスケート全兵庫選手権SPで演技を披露する三原舞依=尼崎スポーツの森
拡大
フィギュアスケート全兵庫選手権SPで演技を披露する三原舞依=尼崎スポーツの森
フィギュアスケート全兵庫選手権SPでノーミスの演技を披露する片伊勢武=尼崎スポーツの森
拡大
フィギュアスケート全兵庫選手権SPでノーミスの演技を披露する片伊勢武=尼崎スポーツの森

 フィギュアスケートの全兵庫選手権は17日、兵庫県尼崎市の尼崎スポーツの森で開幕し、選手権女子のショートプログラム(SP)は坂本花織(シスメックス、神院大)が76・10点でトップに立ち、三原舞依(同、甲南大)が63・60点で続いた。ジュニア選手権女子は吉本玲(神戸クラブ)が42・00点で首位発進した。

 男子は選手権とジュニア選手権にそれぞれ1人が出場。選手権は山田晋一(関学大)が55・48点、ジュニア選手権は片伊勢武(神戸クラブ)が78・87点だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ