スポーツ

  • 印刷
男子100メートル決勝 10秒22で優勝し、笑顔を見せる多田修平
拡大
男子100メートル決勝 10秒22で優勝し、笑顔を見せる多田修平

 陸上の木南道孝記念は24日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、男子100メートルは多田修平(住友電工、関学大出)が0・5メートルの向かい風を受けながら10秒22で制した。女子800メートル(タイムレース)は田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出)が2分6秒72で優勝した。

 女子100メートルは渡辺輝(福岡大)が11秒88で競り勝った。男子110メートル障害は日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)が13秒49で、同やり投げは新井涼平(スズキ)が81メートル73で優勝した。女子やり投げは尼崎市に練習拠点を置く佐藤友佳(ニコニコのり)が60メートル69で頂点に立った。

 400メートル障害の女子は宇都宮絵莉(長谷川体育施設、園田女大出)が59秒32で3位。男子は昨年の世界選手権代表の豊田将樹(富士通、宝塚市立南ひばりガ丘中出身)が52秒12で14位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ