スポーツ

  • 印刷
阪神が交渉権を獲得した佐藤輝明内野手。「近大マグロ」のレプリカの前でガッツポーズをする=26日、大阪府東大阪市(撮影・斎藤雅志)
拡大
阪神が交渉権を獲得した佐藤輝明内野手。「近大マグロ」のレプリカの前でガッツポーズをする=26日、大阪府東大阪市(撮影・斎藤雅志)

 プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内で開かれ、近大の佐藤輝明内野手(仁川高出)は阪神が1位指名で4球団競合の末に、抽選で交渉権を獲得した。

 学生球界屈指の左のスラッガー、佐藤は4球団1位指名の末、出身の兵庫県西宮市を本拠地とする阪神が交渉権を得た。「地元の身近な球団。どこに行っても頑張ろうと思っていたが、阪神でよかった」。緊張の面持ちながら、喜びを口にした。

 阪神とは縁がある。西宮市立甲東小学校時代にタイガースジュニアでプレー。甲子園球場には幼いころから観戦に足を運んだ。熱狂的なファンで知られる球団だが「全然プレッシャーに感じず、力に変えて頑張れる」と言い切った。

 走攻守の三拍子がそろう。187センチ、94キロと大柄ながら50メートル6秒の俊足。関西学生野球の新リーグで通算本塁打新記録となる14本を放った。強肩で、本職の三塁だけでなく外野もこなせる。

 仁川高時代は甲子園が遠く、3年夏は兵庫大会の1回戦で敗退。しかし柔道86キロ級選手として国際大会や講道館杯を制した父博信さん譲りの肉体を、当時から筋力トレーニングで磨き、打球の飛距離が大きく伸びた。「パワーがあった方がいい」と、父が自宅にベンチプレスの器具やダンベルなどを備えてくれた。

 人気アイドルグループ、ももいろクローバーZのファンで、自身のためのオリジナル曲を「作ってもらえるように頑張る」と照れる一面も。新人王を目標に掲げる逸材は「ホームランを40本、50本と当たり前に打つ選手になりたい。甲子園の浜風に負けない、強い打球を打つ」と言葉に力を込めた。(藤村有希子)

 佐藤輝明(さとう・てるあき)内野手=近大=関西学生リーグ通算最多本塁打記録を更新したスラッガー。俊足、強肩も武器。西宮市立甲陵中から仁川高に進み、3年夏の兵庫大会は初戦敗退。187センチ、94キロ。右投げ左打ち。21歳。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ